マーチンゲール法による必勝法

だれもがギャンブルに勝ちたいと感じているはずです。そのために、古来よりさまざまなギャンブル必勝法が考案されてきました。ここでマーチンゲール法を紹介します。

システムベットの代表格

マーチンゲール法は代表的なシステムベット法であり、ギャンブルにふれたことがある人のほとんどがご存じのことでしょう。理論上は最強の必勝法であり、これを超える方法はなかなか見つからないかもしれませんね。守備力の強い方法である一方、弱点とされている部分も存在していますから、しっかり学習して使いこなせるようにしたいものです。

具体的なマーチンゲール法の中身

システム化された賭けかたがシステムベットであり、マーチンゲール法は代表格とされています。その手法は、負けたときに倍賭けをするものです。もちろん連敗した場合には、倍の倍、賭けることになります。このシステムベットの大きなメリットは、連敗が続いても1回の勝ちですべてを取り戻すことができる点にあるのです。5連敗してしまったとしても、6回目の勝負で勝てば負けを取り戻すことができます。当たり前の話ですが、20連敗しても21回目の勝負に勝てば、すべての負けを取り戻すことが可能です。
「みんながマーチンゲール法を使ったら、カジノ店が潰れてしまいませんか?」このように感じるかもしれません。しかし実際にはメリットがある一方、デメリットも存在しています。その点について、次の項目で説明していきましょう。

マーチンゲール法のメリットデメリット

マーチンゲール法はベットルールがシンプルですから、ギャンブル初心者であっても活用しやすい、とされています。また、連敗しても1回の勝ちで取り戻せると考えることで、精神的な余裕を持ってギャンブルに臨むことが出来る点がメリットとされています。
一方デメリットとされているのは、想定以上の連敗を喫してしまうと軍資金が底を尽いてしまう点です。また連敗を取り戻すためのベット額が高額になってしまうと、カジノゲームにおけるベットリミットに引っかかってしまうかも知れません。ベットリミットに抵触すると、マーチンゲール法を続けることができませんから、慌てることになってしまいます。あらかじめベットリミット額をしっかりと確認しておきましょう。

マーチンゲール法を活用できるゲームについて

マーチンゲール法を活用するためには、配当が低くても勝率の高いゲームを選択する必要があります。具体的には、勝率5割で配当2倍のゲームを選べばよいこととなり、ルーレットの赤黒や偶数奇数およびハイアンドロー、バカラゲームやポーカーなどが該当します。じょうずにマーチンゲール法を活用して、システムベットを使いこなせるようになりましょう。