ネットカジノでプレイすることはそもそも違法なのか?

現在、投資としてもネットカジノを積極的に利用している方々がいらっしゃることでしょう。
FX、バイナリーオプション、仮想通貨など、ネットカジノも充分、投資対象となりうるものです。

そのためにも、ネットカジノを運任せのギャンブルとはしないで、自分でルールをあらかじめ作り、ルールに従うモチベーションが大事です。

しかし、実際には、まだネットカジノは、違法ではないのかと誤解している方々もいらっしゃるようです。

結論をいえば、現在、ネットカジノはグレーです。
現在、日本で、ネットカジノに対しての法律がしっかり整備しているとも言いきることができないので、今後、新しく情報が変化する可能性もありますので、ネットカジノの最新ニュースもしっかり確認する姿勢は必要です。

ネットカジノはグレーである

ネットカジノはグレーである
ネットカジノは、イギリスだったり、マルタ共和国、またフィリピンと言った国々で、政府機関を通して、運営の認可を受けているサービスです。

ネットカジノは、少なくてもそのような国々が安全にプレイ出来ますよということを保証してくれているのです。

それぞれの国々では、ネットカジノを合法としています。
このような国々では、実際にはランドカジノに対しての向き合い方も寛容というケースが多いです。
ランドカジノももちろん合法のもと行われていますし、カジノのインターネット版のネットカジノも同様にして合法です。

カジノだけでなく、ブックメーカー、オンラインポーカーと言ったものも同様にして合法です。
メジャーな業者は、株式上場をしていることもあって、社会的にも認知されているため、プレイする方々も安心して利用することができます。

海外の視点からネットカジノを見れば、何も疑いの余地はありません。

ただし、問題は日本国内からネットカジノを捉えた場合です。
日本が決してギャンブルに厳しい国という訳ではありません。
競馬もありますし、街のいたるところにはパチンコのお店もあります。
しかし、日本にはランドカジノがありません。

カジノ法案(IR法案)が成立

カジノ法案(IR法案)が成立
ただし、日本でも、カジノ法案(IR法案)が成立しました。
カジノ法案(IR法案)では、カジノを含む統合型リゾート施設は全国に3箇所設置することを決定し、既に様々な自治体が誘致を表明しています。

日本もランドカジノに対して寛容な向き合い方になったということができます。

しかし、カジノ法案(IR法案)によって、ネットカジノも合法になったのかと思えば、それは違います。
ネットカジノが今後合法化される可能性はない訳ではありませんが、合法になるためには、法律にしっかりその旨が明記される必要があります。

残念ながら、カジノ法案(IR法案)には、ネットカジノ、またオンラインカジノの文字はひとつも見あたりません。
実際には、「特定複合観光施設区域整備推進本部」また、「特定複合観光施設区域整備推進会議」の資料の方には、オンラインカジノの文言はあります。
ただし、「カジノ施設外から参加できるオンラインゲームは不可」という記載です。

ネットカジノの日本での実現は決して今後ハードルが低いとは言うことができないでしょう。

ただし、ここで誤解していらっしゃる方々がいるようですが、日本は、カジノライセンスを受けたカジノ事業者らが運営出来るのはリアルカジノ限定で、インターネットでネットカジノ展開することは禁止という意味合いなのです。
つまりそれは、プレイをしている人たちを規制する文言ではありません。

日本国内からネットカジノを利用するのは?

日本人の方々が、海外のカジノで遊んでいても逮捕されてしまったという事件は今までありません。
海外でネットカジノで大もうけをしたという話しは頻繁に聞くことがありますが、それは、合法国でプレイをしているから何も問題はありません。

日本人がネットカジノをすることは、100%合法ということでもありませんが、違法でもありません。
おおかた、このようなケースをグレーゾーンといういい方をしているようですが。

とにかく、日本ではネットカジノに対して法規制が存在していないため、合法でもなく違法でもないという扱いなのです。

日本の本音を言えば

日本の本音を言えば
おおかた、日本では、本当のことを言えば、海外のネットカジノでプレイすることも規制してしまいたい思っているのかもしれませんが、海外で合法とされているネットカジノなので、規制してしまうことでいろいろ面倒な対応も出てきてしまうため、取り敢えずことなかれ主義を貫いているというところです。

実際にオンラインカジノを規制しないことで、海外にお金も流出してしまうでしょうし、本当のことを言えば、違法にしてしまいたい気持ちもあるでしょう。

しかし、それを敢えてしないのは、それを現在してしまったら、いずれネットカジノを合法化させて財源に取り込むという流れになってしまう可能性を狭めてしまうからということも推測することができます。

世界でなぜネットカジノを合法化にしているのかといえば、合法化させることで財源に取り込んでいる事実もあります。日本だけでなく、アメリカだって同じようなことを現在考えているようです。

いかがでしょうか。
現在、日本の方々が海外のネットカジノでプレイすることはグレーです。

ただし、今後そのような行為が違法とされる可能性は、限りなく低いと考えていいでしょう。
グレーだとしても、ほとんど合法と考えて問題はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です